AZ−1はミッドシップのエンジンレイアウトを持っており、ハイパワーなターボ付きエンジンですから、エンジンの温度管理には注意が必要になると思います。
ビート同様に特に油温が上がりやすい傾向があるようですから、エンジンオイルのメンテナンスにも気を遣わなければなりませんが、それとは別にクーリング効果を上げる工夫をしたいですね。

AZ−1はナンバープレートを少し移動させるだけでラジエターに流れる風量を増してクーリング効果が高まりますが、鉄製ブロックのエンジンは経年劣化による“ラジエターの詰まり”にも注意した方がよいようです。
【クーリング】
クールナンバーステー
■価格 4,800円
レーシングダクトホース
■価格 3,200円
クールインテークダクトZ
■予価 15,000円
【熱害対策】
ヒートブロックシート
■価格 1,500円
ヒートブロックバンテージ
■価格 1,200円
※クーリング&熱害対策パーツも増やしていこうと思いますから、ご協力をお願いしま〜す。